2007年04月28日

リンゴは便秘に効く、最高の食物繊維食品

リンゴは便秘に効く、最高の食物繊維食品

食物繊維は、
 @便の量を多くするばかりか、右斜め上
 A大腸壁を適当に刺激して腸の運動を促進し、
 B水分を包み込み、便の固さを調節し、
 C有害物も包み込んで排泄させる、などの
  効用をもっています。ダッシュ(走り出すさま)

食物繊維には大きく分けて2種類あります。
 ●へミセルローズなどのように水に溶けない
  繊維質と雷
 ●ペクチンなどのように水を含んでゼリー状に
  なるものです。あせあせ(飛び散る汗)

主として、繊維質のものは前記の@Aの働きを、
ゼリー状のものはBCの働きをします。

だから、両方の食物繊維を含む食品が好ましい
ことになります。その代表的なものが“リンゴ”
です。

リンゴの皮部に非水溶性の食物繊維が多いので、
皮のまま食べるのがよいです。キスマーク

---------------------------------------------------
Photo_Proanthenols.jpgプロアンセノルズProanthenols
≪Antioxidant アンチオキシダント/抗酸化作用≫

◆21世紀の生体防御物質 『OPCs』
「プロアンセノルズ」の主成分であるポリフェノール性フラボノイド「OPCs」の発見は、人類(生体防御)にとって革命的なほどの事柄であり、現在知られている限り「地上最強の抗酸化物質」と言われています。

フランス・ボルドー大学教授ジャック・マスケリエによって発見され、OPCs(オリゴメリック・プロアントシアニジン)と名付けられたこの物質は、ぶどうの種子や松の樹皮などに豊富に含まれ、非常に生理活性が高く、毛細血管の保護作用や活性酸素(フリーラジカル)の除去に対して、非常に優れた能力を発揮します。抗酸化力はビタミンC の20 倍、ビタミンE の50 倍であり、同時に他のすべての抗酸化物質(ビタミンC、E など) の作用も高めます。

アンチエイジングAnti-Aging/抗老化・若返り・美肌・美白

◆「飲む化粧品」 コラーゲンの保護・修復作用
また、「プロアンセノルズ」のOPCs は体内のすべての器官のコラーゲン構造を保護修復する作用も高く、「抗加齢・老化対策」として欧米では「飲む化粧品」とも呼ばれ、爆発的な人気を集めています。

プロアンセノルズの購入方法
---------------------------------------------------




posted by health & beauty at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

皮膚や血管の老化を防ぐ、ニンジン、トマトの効用

ひらめき≪皮膚や血管の老化を防ぐ、ニンジン、トマトの効用≫

■年をとるにつれ、皮膚にシミや小ジワが増え、血管が
脆くなるのは、ゴム管が長期間空気にさらされて弱く
なる現象に似ています。ともに、酸化物質によるもの
です。もうやだ〜(悲しい顔)

■ゴムの場合は空気中の酸素で酸化されますが、体内
では「活性酸素」で酸化されます。

■活性酸素は、体内の酸化、還元反応の過程で、できて
きます。体内には活性酸素を消す酵素(消去酵素)が
存在し、直ちに分解します。年をとると、この消去酵素
の働きが弱くなり、体内に活性酸素がたまり、組織を
傷つけるようになります。ふらふら

■活性酸素は、核酸(遺伝子)を変異させてガンを発生
させます。また、血管を傷つけてシミやシワを作ります。
むかっ(怒り)

■酸化物質を防ぐには、薬より、毎日の食べ物による方
が安全です。幸いにも、活性酸素を消す食品成分が分か
ってきました。それは、ニンジン、トマト、カボチャ、
ホウレンソウなどに含まれる赤黄色成分です。カロチン、
リコピン、フラボンなどといわれる物質です。わーい(嬉しい顔)







posted by health & beauty at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

元気をくれるビタミンB群

■ビタミンB群(B group vitamins)

 病気を解明する歴史はそのまま、ビタミンの
 存在が明らかになっていく過程でもありました。
 その中でビタミンは「脂溶性のA」と
 「水溶性のB」のふたつのグループにまず
 分けられました。手(チョキ)
 
 水溶性のBグループの内、働きが似ていたり
 一緒に摂るとより効果的なものをB群(B
group vitamins)と呼び、まとめて扱われて
 います。このB群に属するビタミンは8種類、

  B1、B2、B6、B12、ナイアシン、
  パントテン酸、葉酸、ビオチンぴかぴか(新しい)

 これらに共通している性質は、補酵素としての
 働きです。

 B群はエネルギーの供給や体の老廃物の代謝、 
 神経を正常に保つことなど体を正常に働かせる
 ために欠かせません。ひらめき

 ☆B1不足
  体がだるく疲労感ある
 ☆B2不足
  口内炎ができやすい
 ☆B6不足
  目や口の回りが皮膚炎に
 ☆B12不足
  貧血気味である
  (鉄、葉酸不足も)
 ☆ナイアシン不足
  食欲なく、不安に
 ☆パントテン酸不足
  ストレスにさらされている
 ☆葉酸不足
  舌が痛い、口内炎ができやすい
 ☆ピオチン不足
  肌荒れや毛に元気がない











posted by health & beauty at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ビタミンAの効能

■ビタミンAの効能

<疲れ目に効く>目
ドライアイなど目の酷使で起こる症状
や視力低下にも有効との説もある。

<シワ、肌あれを防ぐ>手(チョキ)
皮膚の角化を抑えるので、乾燥しがち
な人のカサカサ肌やシワを改善。

<髪、爪を強く美しく>
髪が傷んだり爪が割れやすい人は、
乾燥からの角化を防ぐAを忘れずに。

<風邪の予防>むかっ(怒り)
粘膜が強化され、風邪のウイルスの
体内への侵入をストップします。

<病気の治りをよくする>
ビタミンAで抵抗力をつければ、
しつこい病気に早めにさよなら
できます。手(パー)

<ガンや生活習慣病を予防する>
Aは細胞のなかで上皮細胞をつぎつぎ
作り出すのに必要で、免疫力
を強め病気に負けない体作りに貢献。

☆ビタミンAは多くとりすぎると
過剰症がおきる。一般的な食生活
では、ほとんど心配いらない。

Aを非常に多く含んでいる深海魚
やさめの肝などを一時的に大量に
食べると過剰症を起こします。

ビタミンAの半分はベータカロチン
として摂ったほうがいい。雷
(ベータカロチンはビタミンAの
 ように体内に蓄積されない)

*** ビタミンA ***
  レバー
  マーガリン
  プロセスチーズ
  卵
  牛乳

*** ベ−タカロチン ***
  焼き海苔
  パセリ
  ニンジン
  春菊
  にら
  ほうれん草
  マンゴー
  チンゲンサイ
  びわ
  ブロッコリー
  かぼちゃ
  トマト
  すいか
  しそ

----------------------------------



----------------------------------

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
タグ:ビタミンA
posted by health & beauty at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

アルコールとビタミンの関係

■アルコールとビタミンの関係

<ナイアシン・ビタミンB1>
アルコールが肝臓で分解される際
に大量に消費される

<パントテン酸>
アルコール分解時にできる物質
によって活性化が阻害される

<ビタミンB2>
アルコールによって増える過酸化
脂質分解のために大量に消費される

<ビタミンD>
アルコールによって肝臓が阻害を
起こすと活性化が阻害されること
もある

☆お酒を飲むときにはビタミンを
しっかり摂取できるおつまみを
一緒にとること、そして休肝日
を作って、肝臓を休ませてあげる
ことが大切です。

------------------------------



-------------------------------


posted by health & beauty at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

このビタミンをとりすぎると・・・?

■このビタミンをとりすぎると・・・

<<ビタミンA≫
 過剰症は、頭痛・吐き気など。大人の場合、
 5000IUにとどめるべきだといわれている。

≪ビタミンD≫
 適正摂取量の20倍、すなわち1日2000IUを
 超えなければ安全。カルシウムの吸収を助ける
 ため、過剰に摂取するとカルシウムがたまりや
 すくなる。この作用は、乳幼児に強い

≪ビタミンE≫
 過剰症の心配はほとんどない
 
≪ビタミンK≫
 過剰症の心配はほとんどない

☆水溶性と脂溶性があるビタミン

 ビタミンの性質には水溶性と脂溶性の
 2つがあります。
 水に溶ける水溶性 ビタミンは、
 B群とCの計9種類。
 油に溶ける脂溶性ビタミンは、
 A,D,E,K の4種類です。

 私達がビタミンを摂取したとき、体内で
 そのビタミンが十分ある場合、
 水溶性は体内の水分に溶け、尿として
 対外に速やかに排出されます。
 一方脂溶性は、体内で使われないからと
 いって排出されることはなく、体内に
 蓄積されていきます。

------------------------------------



-----------------------------------


posted by health & beauty at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

満腹シグナル レプチン

◇年齢に関係なく、肥満そのものが老化を促進し
 病気の原因をつくる。がく〜(落胆した顔)

◇レプチン ⇒ 満腹シグナル“もうおなか一杯です”
          ↓
        脂肪組織から分泌されるホルモン
        食べてから20〜30分すると分泌される。
        早食いはだめ。
          ↓
       <<飽食の時代>>
レプチンが飽和状態⇒満腹信号でない!
          ↓
        基礎代謝上がらず、次々と脂肪が蓄積
          ↓
        ダイエットを成功させるためには  
         ひらめきレプチン濃度のコントロールが大切

------------------------------------



------------------------------------




posted by health & beauty at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

酸化と老化

☆アンチエイジングにおいて「弱点を作らず、
 バランスよく加齢する」ということは、大切な
 キーワードです。アンチエイジングは、その
 瞬間や目の前のことだけではなく、数十年後
 のことまでを考えます。つまり、5年後、
 10年後だけでなく、これからあと50年、
 どんなライフスタイルを送りたいか、という
 ことを考える必要がある。

☆老化や病気の主な原因となる「酸化」について
    さびる体 <酸化と老化のメカニズム>

  水、酸素(人間が生きていくために必要不可欠な要素)
    ↓
  フリーラジカル(活性酸素)が発生
     通常の呼吸によって発生
    ↓
  体内では殺菌作用などのプラスの働きをする。
    ↓
  過剰に発生した場合 ⇒ 一転して有害なものに変化
    ↓
  人間の防衛システム(対外から摂取した
    ↓        ビタミン、ミネラルで処理)
    ↓
  処理の限界 ⇒ 多くの細胞が損傷を受けて死滅


☆活性酸素を大量に発生させてしまう要因
 
 放射線やパソコン、携帯電話から出る電磁波、紫外線
 タバコ、アルコール、大気汚染、食品添加物、精神的
 ストレス    
    ↓
 細胞や体がサビていく ⇒ サビどめ
               ↓
            抗酸化食品の摂取
               ↓
   『果物』 ブルーベリー、ラズベリー、プラム
        プルーン、キウイ、オレンジ、ピンク
        グレープフルーツ、ブドウ、イチゴ

   『野菜』 トマト、小豆、ホウレンソウ、ナス
        タマネギ、ブロッコリー、芽キャベツ
        キャベツ、トウモロコシ

      トマトのリコピンや赤ワインのポリフェノールは
      フィトケミカルス(植物性化学物質)と呼ばれ、
      抗酸化物質の中でも特に強い効果が期待できる。

-----------------------------------------
◇■◇ プロアンセノルズで若返る ◇■◇
Photo_Proanthenols.jpg
-----------------------------------------



  






               






posted by health & beauty at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

老化予防

■老化は病気のひとつである。
 だから治療方法もあるし、予防の手だてがある。

■アンチエイジング=抗加齢医学とは、寿命を
 伸ばすための医学でも、不老不死の薬を発明
 することでも、永遠の若さと美を手に入れる
 ための美容整形でもない。
 「30歳の心と体」をキープしていくためには
 今から何をすればいいのか、適切な食事・運動
 ・精神療法を指導し、場合によってはビタミン
 やホルモンを処方するというもの。

■加齢や老化の4つの原因
 @遺伝的な要因
 Aホルモン分泌の低下
 B細胞の酸化
 C肥満

■「オプティマル・ヘルス」とは、その時の年齢
 における、最適で最高の健康状態や美しさを
 実現すること。

■30代は「オプティマル・ヘルス」の状態にある
 人の割合が最も多いゾーンである。

■30歳というのは、身体的にも、免疫力やホルモン
 の分泌量が安定しており、最も病気が少なく、
 体力と気力があります。

■「オプティマル・レンジ」⇒「オプティマル・ヘルス」
 を実現すための目標値。







医者が選ぶサプリメントの通販

お客様の「これがほしい!」を医師がパッケージ化した

『アンチエイジングサプリメント』はこちら


posted by health & beauty at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。