2008年03月26日

脳にストレスを与えなければメタボにならない

水曜は仕事休みなので、今日も昼レストランは家で

食べた。昼のテレビTV、みのもんたの番組

を先週に続けて見た。

脳にストレスを与えなければメタボに

ならない。もと産婦人科医の先生が

出演。先生のダイエットの実体験から、

結局いきついたのが脳の疲れをとる。

ストレスをなくすために好きなものは

お腹が減っているときに思う存分食べる。

大脳で感じて間脳で判断する。

ホルモンの分泌とかに影響するので、

ストレスはよくない。

ケーキバースデーのような甘いものでも、肉でも

思う存分食べると、脳が正常に戻る。

好きなものもそれほど食べたくなくなる。

すると、ダイエットもできる。健康にもなる。わーい(嬉しい顔)

運動とかもいいのだが、結局一番大切なのは

ひらめき脳が正常になること。

≪要点≫

◆風を感じるとか、春の匂いを意識したりとか、

鳥のさえずりを聞いたり、散歩したり、

すきな動物とかにさわって癒されたり、

そういったこともとても大切だそうだ。

◆小腹が空いた時は黒砂糖とか

蜂蜜を好きなだけ食べるとよいそうです。

脳に直接はたらくそうだ。

◆情報の断食タイムを持つのもまた大切。

テレビやインターネットをやらない日も

あったほうがいい。


潜在意識とか脳の働きに最近とても

興味があった私にとって、

とても参考になった。












【関連する記事】
posted by health & beauty at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91090599

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。