2007年11月02日

ビタミンの代謝

黒ハートサントリー健康食品

≪ビタミンの代謝≫

ビタミンは肝臓から血液を経て組織へ行き、栄養素が
エネルギーになる手助けをしたり、体の機能を補助
します。

■水溶性ビタミンの体内での働き

 ◇ビタミンB群とビタミンC

  消化液や血液に溶けるビタミンを水溶性ビタミンといい、
  B群とCがあります。
  これらは小腸から吸収されて肝臓に運ばれ、各組織で
  利用されます。

 ◇体内の科学反応に関与

  ビタミンB群は酵素の手助けをします。
  酵素の中には、それ自身では働かなくても、ビタミンB群
  と結合することで初めて活性化するものがあります。

  ビタミンCは
    
    酸化型
    還元型

  2つのタイプで体内に存在し、酸化型になりやすい性質が
  あります。この性質は他の物質を還元する力になります。
  たとえば、消化液に溶けない酸化型の鉄を還元しますが、
  還元された鉄は消化液に溶けやすくなり、小腸からの吸収
  高まります。

■脂溶性ビタミンの体内での働き

 ◇脂質とともに吸収される
 
  脂溶性ビタミン(A、D、E、K)は、脂質とともにカイ
  ミクロンになって肝臓に運ばれます。

 ◇体の働きを助ける

  ビタミンAは肝臓で脂肪酸と結合して貯蔵されます。
  必要に応じてタンパク質と結合して体内に運ばれ、
  細胞に取り込まれ、成長促進や粘膜維持に関与します。

  ビタミンDは肝臓でコレステロールからも合成されます。
  カルシウムの吸収を促す作用があります。

  ビタミンEはリポタンパク質によって各組織の細胞に
  運ばれ、細胞膜の酸化を防いだりします。

  ビタミンKは、大腸で腸内細菌からもつくられ、
  血液凝固などに関与しています。

目ニキビの解消を真剣に考えました!

目デトックス・サプリをお探しなら「サプリンクス・ビタミン・ストア」

目最先端コスメ



posted by health & beauty at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

若返りのビタミンE

サントリー健康食品オンラインショップ

≪ビタミンEとビタミンCの連携≫

ビタミンEは脂分に溶ける性質をもっているため、
体内に吸収されると、細胞膜や角膜などの脂質で
できている生体膜の中に入り込みます。

そこに活性酸素が入ってきて生体膜に酸化作用を
起こそうとすると、ビタミンEは自ら電子を提供
して酸化されます。

この働きによって、活性酸素が無害化され、生体
膜の酸化も防ぐことできるのです。exclamation

ビタミンEの足りなくなった電子は、ビタミンC
が補ってくれます。

電子をもらったビタミンEは、再び、活性酸素の
酸化を防ぐ力を取り戻します。ひらめき

つまり、ビタミンEの抗酸化作用をより強くする
には、ビタミンCの強力が必要になるわけです。

また、ビタミンEに電子を補って不安定になった
ビタミンCは、そのまま対外に排出されるため、
体に害を与えることはありません。

≪若返りのビタミンE≫

ビタミンEは、活性酸素を無害化することで、
細胞をいきいきとさせます。

これは、体の機能や肌の老化が進むのを予防
することにもつながります。ぴかぴか(新しい)

このため「若返りのビタミン」ともよばれます。

また、血行をよくする働きもあるため、肩こり、
冷え症、しもやけ、頭痛にも効果があります。

ビタミンEは黄体ホルモンの材料にもなって
いるので、ビタミンEを摂取することで更年
期障害を改善することもできます。わーい(嬉しい顔)

さらに、ビタミンAとともに作用して、排気
ガスなどの環境汚染物質から肺を守る働き
もあります。

黒ハートニキビの解消を真剣に考えました!

黒ハートあなたの健康をサポート!『ブルーベリー&ルテイン』

黒ハートプロビタミンCで老化を防ぐ



posted by health & beauty at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

魚を多く食べる人はビタミンEを多めにとる

次項有魚を多く食べる人はビタミンEを多めにとる

魚の脂肪酸はEPAやDHAが中心です。

 EPA⇒エイコサペンタエン酸
 DHA⇒ドコサヘキサエン酸

この脂肪酸は血液をさらさらにし、動脈硬化
を防ぐ働きがあり、そのため肉より魚のほう
に人気が集まっています。ハートたち(複数ハート)

魚の脂肪はよい点がたくさんありますが、
この脂肪酸は不飽和脂肪酸で、酸化され
やすく、細胞膜を傷つけ、かえって身体
にはよくありません。ふらふら

ビタミンEの働きは血行をよくして、血管
壁を丈夫に保つことです。
また抗酸化作用だあるので、酸化しやすい
ほかの成分、たとえば動脈硬化の予防によい、
魚の脂肪のDHAやEPA、植物油の
リノール酸などの不飽和脂肪酸の過酸化を
防ぎ、ガン予防にも役立ちます。わーい(嬉しい顔)

ビタミンEは身体では作ることができないの
で、食べ物などで補わなくてはなりません。

魚のおかずが中心という人は、ビタミンE
の消耗が大きいと考えられるので、
ビタミンEを少し多めにとったほうが
よいでしょう。グッド(上向き矢印)

----------------------------------------







posted by health & beauty at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

元気をくれるビタミンB群

■ビタミンB群(B group vitamins)

 病気を解明する歴史はそのまま、ビタミンの
 存在が明らかになっていく過程でもありました。
 その中でビタミンは「脂溶性のA」と
 「水溶性のB」のふたつのグループにまず
 分けられました。手(チョキ)
 
 水溶性のBグループの内、働きが似ていたり
 一緒に摂るとより効果的なものをB群(B
group vitamins)と呼び、まとめて扱われて
 います。このB群に属するビタミンは8種類、

  B1、B2、B6、B12、ナイアシン、
  パントテン酸、葉酸、ビオチンぴかぴか(新しい)

 これらに共通している性質は、補酵素としての
 働きです。

 B群はエネルギーの供給や体の老廃物の代謝、 
 神経を正常に保つことなど体を正常に働かせる
 ために欠かせません。ひらめき

 ☆B1不足
  体がだるく疲労感ある
 ☆B2不足
  口内炎ができやすい
 ☆B6不足
  目や口の回りが皮膚炎に
 ☆B12不足
  貧血気味である
  (鉄、葉酸不足も)
 ☆ナイアシン不足
  食欲なく、不安に
 ☆パントテン酸不足
  ストレスにさらされている
 ☆葉酸不足
  舌が痛い、口内炎ができやすい
 ☆ピオチン不足
  肌荒れや毛に元気がない











posted by health & beauty at 22:20| Comment(0) | TrackBack(1) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ビタミンAの効能

■ビタミンAの効能

<疲れ目に効く>目
ドライアイなど目の酷使で起こる症状
や視力低下にも有効との説もある。

<シワ、肌あれを防ぐ>手(チョキ)
皮膚の角化を抑えるので、乾燥しがち
な人のカサカサ肌やシワを改善。

<髪、爪を強く美しく>
髪が傷んだり爪が割れやすい人は、
乾燥からの角化を防ぐAを忘れずに。

<風邪の予防>むかっ(怒り)
粘膜が強化され、風邪のウイルスの
体内への侵入をストップします。

<病気の治りをよくする>
ビタミンAで抵抗力をつければ、
しつこい病気に早めにさよなら
できます。手(パー)

<ガンや生活習慣病を予防する>
Aは細胞のなかで上皮細胞をつぎつぎ
作り出すのに必要で、免疫力
を強め病気に負けない体作りに貢献。

☆ビタミンAは多くとりすぎると
過剰症がおきる。一般的な食生活
では、ほとんど心配いらない。

Aを非常に多く含んでいる深海魚
やさめの肝などを一時的に大量に
食べると過剰症を起こします。

ビタミンAの半分はベータカロチン
として摂ったほうがいい。雷
(ベータカロチンはビタミンAの
 ように体内に蓄積されない)

*** ビタミンA ***
  レバー
  マーガリン
  プロセスチーズ
  卵
  牛乳

*** ベ−タカロチン ***
  焼き海苔
  パセリ
  ニンジン
  春菊
  にら
  ほうれん草
  マンゴー
  チンゲンサイ
  びわ
  ブロッコリー
  かぼちゃ
  トマト
  すいか
  しそ

----------------------------------



----------------------------------

商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
タグ:ビタミンA
posted by health & beauty at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

アルコールとビタミンの関係

■アルコールとビタミンの関係

<ナイアシン・ビタミンB1>
アルコールが肝臓で分解される際
に大量に消費される

<パントテン酸>
アルコール分解時にできる物質
によって活性化が阻害される

<ビタミンB2>
アルコールによって増える過酸化
脂質分解のために大量に消費される

<ビタミンD>
アルコールによって肝臓が阻害を
起こすと活性化が阻害されること
もある

☆お酒を飲むときにはビタミンを
しっかり摂取できるおつまみを
一緒にとること、そして休肝日
を作って、肝臓を休ませてあげる
ことが大切です。

------------------------------



-------------------------------


posted by health & beauty at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビタミン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。