2007年11月13日

香りで痩せる(SLIMMING)



わーい(嬉しい顔)香りで痩せる

資生堂の難波富幸博士らは、香りで痩せる理論を
開発しました。

難波博士らの研究によると、ある種のニオイを嗅ぐと
交感神経が活性化し、皮下の白色脂肪細胞中において、

中性脂肪を燃焼させる

UCP(Uncoupling protein:脱共役タンパク)

と呼ばれるタンパク質が、出現して
くることがわかりました。

その引き金となるニオイは、
グレープフルーツ、
ペッパー、
フェンネル、
エストラゴン

といった、天然精油の香りだったそうです。

これらのニオイを嗅ぐとノルアドレナリンの
分泌が促進され、皮下の白色脂肪細胞中のUCP
が増加して、より脂肪が燃焼されるようになる
というわけです。

さらに、カフェインを併用すると、この効果は
増強されました。

実際、これらの精油とカフェインを配合した
ローションを体に塗布することにより、有意
なスリミング効果が認められました。

よい香りで痩せられるとはまさに一石二鳥で
はありませんか。








posted by health & beauty at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

アロマテラピーもサプリメントの一種

≪アロマテラピーもサプリメントの一種≫

ハーブを使った民間療法、アロマテラピーも、
ヨーロッパ各地で昔から行われてきた

  クリスマスフィトテラピー(植物療法)

がベース。揮発性、芳香性のある精油(エッセ
ンシャルオイル)の薬効を利用したもので、サ
プリメントの一種といえるのではないでしょうか。

特にフランスでは、内服が主体、医師が症状に
応じた精油を処方し、薬局で受け取る事になって
いて、医療として扱われています。たらーっ(汗)

数年前から、イチョウの葉が脳代謝改善薬として
製造承認されたり、ブルーベリーエキスも視力
改善薬として人気を呼んでいます。どちらも
「ヨーロッパ発」で、効能効果が医学的に
解明されたものです。ひらめき

「食」を見直すことによって疾病予防や健康
維持を図ろうとする動きは、世界的な傾向
といっても過言ではないでしょう。

サプリメントについても、

 WHO(世界保健機構)と
 FAO(国連食糧農業機構)

の合同規格委員会として設定されている
コーデックス会議で、国際ガイドラインの
作成が進められています。exclamation
今後の成り行きが注目されるところです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
★アロマオイル専門店 アロマの素★
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZYQRV+4NATRM+JO2+C0IZN 
アロマオイル、アロマランプ、アロマグッズが勢揃い!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓





posted by health & beauty at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。