2008年04月30日

コーヒーダイエット

今日のみのもんたの昼の番組より喫茶店
 
≪コーヒーダイエット≫

◆コーヒーは運動前に飲んだ方が
 ダイエット効果が高まる。

◆ダイエットの効果を高める飲み方
 午前中に多めにコーヒーを飲む
 (代謝を高める)

◆脂肪燃焼効果が高い順
 
 @アメリカンコーヒー
 Aレギュラーコーヒー
 Bエスプレッソコーヒー
 
 の順で、浅煎りコーヒーのアメリカンが
 もっとも効果が高い。
 脂肪を分解するクロロゲン酸が
 アメリカンには多い為。

◆コーヒーと一緒にツナサンドを採ると
 より脂肪燃焼効果が高まる。
 ツナにはアルギニンが含まれているから。

◆コーヒーのダイエット効果を高める入れ方。
 
 コーヒー豆は新鮮(煎りたて)な方がいい。

 泡立てながら高い温度(95度)のお湯で入れる。
 (クロロゲン酸が倍増する)

 最初の1分が大切。
 真ん中にお湯をすこしづつ注いでいく。
 1分たったらお湯を普通にいれる。
 ゆっくり入れるとこくが出る。
 最後は泡を落とさない(アクが落ちる前にやめる)












posted by health & beauty at 21:45| Comment(15) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

脳にストレスを与えなければメタボにならない

水曜は仕事休みなので、今日も昼レストランは家で

食べた。昼のテレビTV、みのもんたの番組

を先週に続けて見た。

脳にストレスを与えなければメタボに

ならない。もと産婦人科医の先生が

出演。先生のダイエットの実体験から、

結局いきついたのが脳の疲れをとる。

ストレスをなくすために好きなものは

お腹が減っているときに思う存分食べる。

大脳で感じて間脳で判断する。

ホルモンの分泌とかに影響するので、

ストレスはよくない。

ケーキバースデーのような甘いものでも、肉でも

思う存分食べると、脳が正常に戻る。

好きなものもそれほど食べたくなくなる。

すると、ダイエットもできる。健康にもなる。わーい(嬉しい顔)

運動とかもいいのだが、結局一番大切なのは

ひらめき脳が正常になること。

≪要点≫

◆風を感じるとか、春の匂いを意識したりとか、

鳥のさえずりを聞いたり、散歩したり、

すきな動物とかにさわって癒されたり、

そういったこともとても大切だそうだ。

◆小腹が空いた時は黒砂糖とか

蜂蜜を好きなだけ食べるとよいそうです。

脳に直接はたらくそうだ。

◆情報の断食タイムを持つのもまた大切。

テレビやインターネットをやらない日も

あったほうがいい。


潜在意識とか脳の働きに最近とても

興味があった私にとって、

とても参考になった。












posted by health & beauty at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。