2007年09月23日

薬と毒は表裏一体



ひらめき同じものがひとによって薬にも毒にもなります。
絶対によいもの、悪いものなどないのです。
あらゆるものは、その中に薬(よいもの)と
毒(わるいもの)とを内包しているのです。

どちらになるかは、あなたのからだがそのものと
どう反応するか、どうエネルギー的にバランスを
とるかによります。

その意味でよいものとか悪いものとは相対的で
あるともいえます。
また、よい、悪い、を決めるのは、あなた自身
ともいえます。ダッシュ(走り出すさま)

からだは変化するので、ある薬がよいといっても
いつまでも効くわけではありません。

からだが必要としている薬を飲めば、当然
からだはその薬のエネルギーと調和して、
変化します。exclamation

そのように、からだがバランスを取り戻すと
もう同じ薬とは調和しなくなり、その薬は
不必要になるわけです。

それでも飲み続けると、場合によっては
毒になってしますかもしれません。雷

よく何年も同じ薬や健康食品を飲み続けて
いるひとがいますが、まず効かなくなって
いるといっていいでしょう。どんっ(衝撃)

サントリー健康食品

サントリー健康食品オンラインショップ

森下仁丹オンラインショップ


タグ: 健康食品
posted by health & beauty at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬と毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。